心の支えとなる存在

IT企業に入社して、これからお世話になる同僚を紹介してもらったときに、学生の頃に仲良かった知り合いに再会することが往々にしてあると思うのです。その知り合いと職場で仕事を共にすることで、学生の頃のような親近感を覚えていき、その親密な間柄から仕事で感じた様々なことについて腹を割って話し合えるのだろうと考えられるのです。職場で知り合いと一緒に肩を並べることが、これほどまでに心強いものなのかと気づかされることは珍しいことではないのだと思い、同僚である知り合いとの協調意識を確かなものとするにつれて、学生の頃以上の頼れる存在として目に映るようになることがあるのではないでしょうか。その知り合いとならばプライベートでも気軽に関われるという点から、休みの日にその知り合いと一緒に有意義な時間を楽しむための予定を立てていくことがあると思うのです。

ツイッターで見知らぬ人との情報交換をしているうちに、自分の意見に耳を傾けてくれる相手に直接会ってみたいという欲求が湧き上がることがあるでしょう。実際にその人に会ったときに、以前会ったことのある知り合いだと知って驚くことがあると思うのです。ITの発展によって先のような展開が起こる機会が多くなってきているのだと考えられて、あれから何の仕事をしているのかといった積もる話に花を咲かせていくようになるのです。知り合いとの会話は、何もかも包み隠さずにありのままを話し合えるという開放感が伴うものだと考えられて、心の支えとなっていることを互いが感じている光景が伝わってきそうです。

コメントを残す